もう一度、透明な窓に直してみませんか?

transparent_window
窓ガラスが透明というのは当たり前のことですが、窓ガラスも実は経年劣化により透明ではなくなってくることがあるのです。例えば、車の窓ガラスであれば排気ガスや雨風に晒されることによって、くすんだような状態に変色してしまいます。あるいは、銭湯や健康ランドのガラスや鏡においても、隅の部分は汚れが中々落ちにくくなってしまいます。さらに、お店などのウインドウガラスも同様の現象が現われることがよくあります。とくに、お店のウインドウガラスともなると、お客さんにお店の商品を買ってもらわないといけないのですが、ガラスが透明でキラキラと光り輝いていないと、中に入っている商品自体が汚れているかのように錯覚してしまうでしょうね。そうしたことからも、窓ガラス自体も経年劣化してしまうと、透明の輝きが次第に薄れてしまうのです。

ちなみに、ガラスにはアルカリ成分と反応すると、本来のガラスの成分が変質してしまうという特徴があるようなのです。あるいは、ガラスの日焼けという現象も経年劣化の一種として挙げられます。この場合には、太陽光に含まれている紫外線とガラスに含まれている成分とが化学反応を起こすからといわれています。この日焼けの現象としては、透明であるはずのガラスがまるで着色されたようになってしまいます。余談にはなりますが、このガラスの日焼けという現象を応用したものが、最近市場に流通するようになった偏光サングラスの中でも多少高価な変色偏光サングラスになります。

ところで、こうしたガラスのくすみや汚れに対しても、ビル清掃会社などでは専用のクリーナーやガラス研磨機を使って、できるだけ元通りのガラスになるように努めているようです。もちろん、一般家庭にある窓ガラスも同様で、こうした清掃業者にお願いすると実にきれいな窓ガラスになるように仕上げてくれるようですね。あなたのお家のガラスももう一度、透明な窓に直してみませんか?