一生懸命掃除しても全然キレイにならない窓ガラス

clean_glass
「今日は天気もいいし窓を徹底的に掃除するぞ!」そんなことを思っていざ窓掃除を一生懸命やっても、全然キレイにならないのです。窓ガラス用の洗剤を使っても、どれだけ丁寧に拭いてみても、跡が残ってしまったり雑巾から出る毛がついてしまったり…。全然思ったようにキレイになってくれません。これは掃除方法が悪いのではと思い、窓ガラスの掃除のコツを調べてやってみても、なんだか窓ガラスが霞んでいるように見えるというか、大まかな汚れは落ちても根っこの汚れが落ちていないように感じるのです。

これって結局、窓ガラスの寿命が来ているということなんでしょうか。どれだけ掃除してもキレイになってくれないのであれば、もう窓ガラスそのものを交換するしかありません。割れたわけでもヒビが入ったわけでもないのに交換するのはなんだか釈然としないものがありますが、窓ガラスが汚いとどれだけ部屋の中をキレイにしても気持ちよくありません。家の中で快適に過ごすためには、やはり窓ガラスもキレイでなくてはならないのです。

どれだけ頑張って掃除しても、どれだけ掃除のコツを調べて実践してみても、何をしてもキレイにならない我が家の窓ガラス。もういっそ交換してしまったほうが、気持ちよく生活できるのかもしれません。キレイにならないとわかっていて掃除するのも心が折れますし、ハウスクリーニングの業者に窓掃除を相談してみてダメだったら、いっそ交換してしまうか!と、最近考えています。